TONO MAHINA

愛知県海部郡のハワイアンスポーツカフェバー
グラフィックTシャツ・オリジナル・セレクト&ハワイアンジュエリーストア PONO MAHINA


                                 

商品カテゴリ

 

PONO MAHINA(ポノマヒナ)»  アロハシャツとは

アロハシャツとは

アロハシャツ語源
 「Aloha(アロハ)」とは、ハワイ語で「好意・愛情・慈悲・優しい気持ち・思いやり・挨拶」という意味を表す。

 

アロハシャツの歴史
 ハワイでのアロハシャツブームが1950年台。
そしてさかのぼること約20年の1930年台に
アロハシャツが誕生したと言われています。

 アロハシャツは、
1930年代に日系人や中国系の仕立屋によって盛んに作られ、
1935年には最初の「アロハシャツ」名の広告が日系人経営のムサシヤから出されました。
 
 そしてもっとさかのぼること約100年。
1820年頃にアメリカ本土からの開拓者達がハワイへやって来た時に
涼しくて動きやすいシャツはないものかということで、
着物(日本人が持ち込んだ着物)やチャイナ服をもとに作ったものが起源とされています。
そして、それを着て労働に励んでいたと言われています。

 いわゆる労働者のための作業着だったんですね?!
その時からやはりアロハシャツ特有のあのデザインがなされていたそうです。

 ちなみに、商標登録などの関係上、本当は“アロハシャツ”でなく
“ハワイアンシャツ”といいます。
“ハワイアンシャツ”という言葉さえ初耳!という人がほとんどですよね。

 

デザイン・素材は?
 アロハシャツの素材は昔はレーヨンが主流でしたが、
シルク、綿、ポリエステルなどいろいろな素材があります。

 ちなみに当時のレーヨンの技術は日本の技術が絡んでいたそうです。
金額は1000円位のものから高価なビンテージものまで様々。
日本でもアロハシャツのコレクターはかなり多いですよね
1点ものや珍しい柄、アロハシャツ初期の頃の貴重なものが
高額で売り買いされています。

 定番はやっぱりヤシの木、パイナップル、ハイビスカスなど
ハワイ特有の柄ですがアロハシャツの柄は本当になんでもあり!
という感じにいろいろな柄があります。

 サーフィンをしている柄、釣りをしている柄、戦っている柄など。
絵画としてお部屋に飾ってもとても素敵ですよ。

 元々は日本から輸入された生地が使われたため、
和柄も多く見られました。
1940年ごろには、洋柄化が進み、
パイナップルやヤシなどのトロピカルなモチーフのものが
華やかでカラフルな色彩で染めたものも増えていきました。

 

【アロハシャツの今】
 今ではハワイの人々はもちろん、
世界中にそして我々、日本人にも人気のオシャレ着になっています。

 


アロハシャツを見たい方はコチラをクリック!

アロハシャツとは   アロハシャツとは